無人航空機(UAV)

必要性

最近では、無人航空機(UAV)が航空測量、マッピング、GISデータ収集、インフラ点検、建築を始め、ますます多くの事例に使用されるようになってきています。収集した画像を写真やLiDARに効果的に使用するために、画像は正確に地理情報参照する必要があります。これにより、測定、マッピング、データ解析を行うことができます。

課題

航空三角測量を使用する従来のアプローチでは、地上基準点を収集して、画像を地理的に測位する必要があります。この方法は、コストも時間もかかります。さらに、UAVには、センサーを搭載するため、サイズ、重量、電力(SWaP)の制限があります。

ソリューション

弊社が提示するソリューションは、航空三角測量を使わずに直接地理情報参照機能(What is DG?)を使用することです。この方法では、正確な地理情報参照された画像を得るための地上基準点が必要となりません。同様に、軽量の統合GNSS/INS基板を使用することです。これは、小型で電源要件を満たすと同時に、調節地理情報参照に必要となる極めて正確な測位および定位情報を提供します。Applanix APX-15、APX-15 EI、APX-18、およびAPX-20のボードスタックが、これらの要件に対応します。

UAV製品用APPLANIX DGは、以下のセンサーと組み合わせることで、ご使用のUAVをプロフェッショナルマッピングソリューションとなります。

  • RGBカメラ
  • LiDAR
  • マルチスペクトル
  • ハイパースペクトル
  • SAR

APXキットの選択:

APX-15 UAV

APX-15 EI UAV

APX-18 UAV

APX-20 UAV

センサー

RGBカメラ
LiDAR
マルチスペクトル
ハイパースペクトル
SAR

構成

安定マウント
ジンバルプラットフォーム

ミッションタイプ

標準測量
低速およびホバリング
高高度

ご購入前に不明点をなくしましょう

御社のニーズと課題に合ったソリューションをお探しします。

セールスへのお問い合わせ

Facebook Facebook Facebook Facebook

To Top