空中マッピング

必要性

航空測量は、航空機、ヘリコプターまたはUAVにカメラまたはその他のセンサーを搭載して、測量エリア上空を飛行させることで画像を収集する手法です。航空測量は、地形作図、森林の地面と林冠の測定、送電線のコリドーマッピング、数値地形モデル(DTM)の生成、高解像度デジタル画像、オルソ画像の生成、およびその他多数の非常に多様な用途に必要です。

課題

空中マッピングは高額になることがあります。地上基準点のネットワークを確立するコストだけでも、航空機を飛行させるコストと同様に非常に高額になります。

ソリューション

Applanixのシステムでは、直接地理情報参照を使用して、地上基準点の必要性を減らすか完全に排除し、効率のよい飛行プロジェクトを行うことで、画像の重複部分を減らし、コストおよび環境への影響を大幅に削減しています。

ApplanixのPOS AVは、空中センサーデータの直接地理情報参照専用に設計されたハードウェアおよびソフトウェアシステムです。精密GNSSを慣性技術と統合することで、POS AVは、地理空間プロジェクトをより効率的、効果的、経済的に完了させることができます。

ApplanixのPOSTrackでは、ApplanixのPOS AVの直接地理情報参照技術とTrack’ AirのXTRACK飛行管理システム(FMS)ソフトウェアが、耐久性のある1台の小型システムに密接に統合されています。

Photogrammetry

ご購入前に不明点をなくしましょう

御社のニーズと課題に合ったソリューションをお探しします。

セールスへのお問い合わせ

Facebook Facebook Facebook Facebook

To Top